事故車の買取 自動車ローンが残っている場合はどうすればいい?

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

自動車ローンが残っていると車は売れない?

自動車を売るということは、車そのものを手放すと同時に名義を変更して所有者を変える事を意味します。

 

自動車を売却する場合、その車が自分の名義(所有物)である必要があります。

 

自動車ローン

 

自動車の名義は車検証で確認出来ます。
車検証の所有者欄があなたになっていれば、自動車はあなたの所有物ですから自由に売却が可能です。

 

しかし、自動車をローンで購入している場合は所有者欄があなたではなく、クレジット会社や自動車販売会社になっている場合があります。

 

自動車がローンの担保となっていて、返済が終るまで自動車を勝手に処分出来ないようにしているのです。これを所有権留保といいます。

 

下の表は自動車の購入方法と車検証の所有権の関係をまとめています。

購入方法 車検証の所有者名義
現金で購入 あなた(購入者)
銀行で融資を受けて購入 あなた(購入者)
ローン完済済 あなた(購入者)(注1)
ローン支払い中 ローン会社(注2)

 

ローン会社によっては、ローンで購入しても所有者名義があなたになっている場合があります。
この場合はローンが残っている残っていないに関わらず売却が出来ます。
もちろん、精算しない限り売却後にもこれまで通りの支払義務が残ります。

 

では所有者がクレジット会社や自動車販売会社になっている場合はどうすればいいのでしょうか?

 

残債を精算して所有権留保を解除してもらう必要があります。

 

所有権留保の解除
手続き的には、クレジット会社⇒あなた⇒次のオーナーとなるのですが、
実際は「完済証明書」と「所有権変更の委任状」をもらい、クレジット会社⇒次のオーナーとなります。

 

ローンを完済している場合に発行される「完済証明書」は大切です。
自動車に積んでおく必要はありませんので、自宅に大切に保管して置いて下さい。

自動車の買取価格でローンの精算が出来ない場合

自動車の売却額でローンの精算が出来ると良いのですが、現実的には売却額よりローンの残債額の方が大きく精算出来ないケースの方が多いでしょう。

 

例)ローン残が150万円で車が100万円で売却できた場合⇒50万円不足する計算に!

 

事故車の買取とローン残

 

事故による買替の場合は車の価値が大きく下がってしまう事が多くローン残が大きくなる傾向にあります。

 

売却額で精算出来ない場合は、清算金を負担する必要があります。

 

現金で差額を用意する

貯金、ボーナスなどご自身で清算金を用意します。
これが出来ると余計な金利負担もありませんし、一旦リセット出来るのでもっとも理想的です。
しかしローン残の額によってはそうもいかないケースもあるでしょう。
売却額とローン残の差額を現金で準備

 

次の購入する車のローンに組み入れる

次に購入する車のローンにローンの残債を組み入れてもらい、新しい車のローンとして支払う方法です。

 

この方法はあまりおススメが出来ません。

 

理由は今の車を下取り車として引き取ってもらうため、低い査定額で手放す事になるからです。
車の査定額が低いとローン残が大きくなります。

 

また前の車の残債を組み入れる事で新車の低金利ローンが使えない場合があります。
本来は安い金利で車を買えるはずが高い買い物になってしまうかもしれません。
次に購入する車に組み入れる

 

不足する資金を借りる

多くの自動車買取業者はローン中の車を買取するために、一旦ローン残を立て替えて名義変更可能な状態にする「清算金立て替えサービス」を行っています。
これを利用するとローン残債が乗っている自動車でも売却することが出来ます。

 

清算金建て替えサービス

 

不足する資金は当然、支払わなければなりませんが、自動車買取会社でローンが用意されています。
これを「残債ローン組み替えローンフォロークレジット」と言います。

自動車買取業者とフォロークレジットについて

 

現在、自動車を現金で購入するユーザーは全体の47.9%という統計があります。
実に半数以上の方がローンを利用して車を購入しています。
そのため自動車買取業者はローン中の車を買取る事は珍しい事ではないのです。

 

ローン中の車が買取れないと商売にならないというのが実情でしょう。
買取業者さんも慣れていますので、利用する場合は金利や支払回数など遠慮なく質問してみましょう。

 

但し、フォロークレジットや残債ローンは担保無しでお金を借りる事になるので、実質年利で16〜20%前後とオートローンより金利が高く設定されています。
なるべく短期に返済して金利負担を小さくすることがおススメです。

ローンが残っている自動車は少しでも高く売る事が重要!

事故車に限らずローンが残っている車を売却する場合、1円でも高く買い取ってもらう事が重要です
それがあなたの負担をもっとも減らす事につながるからです。

 

ポイントは

所有者を確認

車検証の所有者を確認して下さい。
所有者が誰かによって、自動車を売る手続きが変わってきます。

 

ローンの残額を知る事

これは[毎月の支払額×残り回数]ではありません。
一括で精算することで金利負担が減り[支払額×残り回数]より安くなります。
ローン会社に問い合わせて残額を確認して下さい。

 

複数の買取会社から買取査定を受ける。

買取業者にも得意分野があります。査定額は一社一社違います。
出来るだけ沢山の査定を受けて少しでも高価に買い取ってくれる買取業者を探して下さい。
高く売れた分だけローン残も少なくなります。

 

買取業者のローン清算金建て替えサービスを使用する場合は、買取査定+ローン金利にも注目です!

 

複数の買取会社に見積もり依頼するにはインターネットの自動車買取一括査定を利用するのが便利です。

⇒概算金額がすぐわかる 「かんたん自動車査定ガイド」はこちらから!

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車は下取りより買取が高く売れる!
自動車を手放す時、下取りと買取の二つの方法があります。下取りと買取の違い、メリットやデメリット、また事故歴がある車を損をせずに売る方法をご紹介しています。
事故車は中古車業者にとって美味しい商品
事故車なんて誰も欲しがらないし価値がない。そう思って愛車をタダ同然で手放す人が少なくありません。中古車業者にとって事故車も美味しい商品なのです。その理由をご説明しています。
事故車はなぜ安く買い叩かれる?
事故車はディーラーや中古車店に下取りに出すと本来の価値より低い査定を受ける事が珍しくありません。あきらめるのはちょっと待ってください。事故車でも正しい価値で売る方法があります。
事故車を欲しがる人と事故車がお金になる理由
「事故車なんて誰も欲しくない」確かに自分が車を買うときはそう思います。しかし事故車を欲しかがる人がいて、事故車がお金になる理由があるのです。
その車、事故車じゃないかも 事故車の定義、修復車とは?
「車をぶつけた」イコール「事故車」というわけではありません。中古車査定で減額になるのは事故車ではなく「修復歴」がある車です。修復歴やその基準について説明してます。
事故車の買取 修理してから売ると損をする。その理由とは?
車の壊れているところは修理してからでないと売れない…そんな風に考える人が多いのですが、実際には直して売ると損をします。その理由をご説明します。
車検切れの車はそのまま買取査定がオススメの理由
車検残が短い場合、車検切している場合…車検を通してから売った方が高く売れると思いがちですが、それは逆です。そのまま買取査定がオススメです。その理由をお話します。
事故車の買取 自動車保険の保険金を修理しないで購入資金に充てる方法
修理代として支払われた自動車保険の保険金で修理せずに次の車の買い替え資金に充てる事は全く問題ありません。保険金を修理工場ではなくご自身の口座で受け取る方法をお話しします。