自動車の売買 部品として流通

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

部品として流通

中古車として販売が難しい車には、部品として販売するルートがあります。
人気車種のエンジン、足回り、内装などは修理用部品として高い人気があります。
タイヤも消耗が少ないものは中古タイヤとして専門店で流通しています。

 

自動車部品

 

全損扱いの事故車だとしても、火災事故でもないかぎり再利用可能な部品は残ります。
修理が難しいとしても部品として再利用出来る可能性は多いにあります。

 

10万キロを越える多走車の場合、耐久性の問題もあり
エンジンや足回りを再利用する需要も少なくなります。
ただし年式によっては内装などは修理用部品としての需要があります。
出回っている台数が少ない希少車ならなおさらです。

 

どの程度が部品として使えるかは車種や年式、走行距離で変わりますが、車としての価値がゼロというケースが少ないことがわかります。事故車であっても多走車であっても査定に出してみないとどれくらい価値があるかはわからないのです。

 

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

自動車の売買 中古車として販売
ディーラー下取りや中古車買取業者に買い取られた後の自動車について説明しています。中古車として売られる場合です。
自動車の売買 カーオークションに出品
ディーラー下取りや中古車買取業者に買い取られた後の自動車について説明しています。業者間のオークションに出品される場合です。
自動車の売買 海外に輸出
ディーラー下取りや中古車買取業者に買い取られた後の自動車について説明しています。海外に輸出される場合です。