車の買取 低年式車とは?

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

低年式車について

年式とは?

 

自動車を売買する上で年式も大切な要素です。
言わば自動車の年齢のような物です。

 

車検証を見ていただくと「初度登録年月」という表記があります。
初年度登録年月と言われる事もあります。

 

これはその自動車が初めて登録された年と月が記載されます。

 

車検証には出てきませんが、年式には製造年式という表現もあります。
これは自動車が製造された年月です。

 

たとえば2014年11月に製造されても、販売されて登録されたのが2015年3月であれば車検証の初度登録年月は「平成27年3月」となります。

 

自動車の下取り、買取など売却時に必要な年式はこの初年度登録年月です
製造年ではありません。

 

低年式車とは?

 

低年式車とは一般的に年式が低い車を意味します。
言い換えると初年度登録から年数が経過している車という意味です。

 

低年式車に明確な基準はありません。
3回目の車検を過ぎた8年目あたりから低年式車として扱う中古車店が多いようです。
一般的には10年以上使用された車と考えて良いようです。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

車の買取 多走車、過走車とは?
走行距離が10万キロを超えた車を多走車又は過走車と呼びます。多走車、過走車と中古車買取にういて説明しています。