自動車買取時の自動車リサイクル費用

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

自動車を手放す時、自動車リサイクル費用はどうなるのか?

自動車リサイクル費用を納めると自動車リサイクル券が発行されます。
車両購入時に支払っていなくても、リサイクル券がないと車検が通らないため車検時に支払っているはずです。

 

自動車売却時のリサイクル費用の扱いは手放す方法により異なります。

 

中古車として転売する場合

 

中古車として転売する場合は、リサイクル券は次のオーナーに引き継がれる事になります。
当然、次のオーナーも相当額のリサイクル費用を負担すべきです。
あなたにはその費用を受け取る権利があります。

 

中古車店を通じて売却する場合、自動車リサイクル費用の相当額が査定額に含まれる場合と別に支払われる場合があります。買取査定時に確認が必要です。

 

廃車する場合

 

廃車する場合はリサイクル費用は本来の目的のために使われる事になります。
戻ってくる事はありません。

 

自身で廃車手続きをする場合、業者から「使用済自動車引取証明書」が発行されます。
そこにはリサイクル券番号が記載されています。

 

リサイクル券番号を元に引き渡した車の廃車状況を確認する事が出来ます。

 

海外に輸出される場合

輸出

 

車が海外に輸出される場合はリサイクル費用を取り戻す事が可能です。
リサイクル費用を取り戻すには所定の手続きが必要です。
手続きの期限は輸出された日から二年間となっています。

 

申請するには、自動車リサイクルシステムへの事業者登録が必要なため個人で行うにはハードルが高いと言えます。

 

輸出する業者さんに買取してもらうなら、交渉してリサイクル料金を査定に加算してもらう方が賢明です。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

自動車リサイクル料金とは?
自動車リサイクルの仕組みとリサイクル料金について説明しています。