自動車の名義変更と車庫証明

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

車庫証明とは?

自動車を買い替えるときに必要な車庫証明とは?

自動車を買取、下取など売却する場合には必要がありませんが、代りの自動車を購入する場合には車庫証明が必要です。

 

車庫証明とは

 

正式名称は「自動車保管場所証明書」と言います。
車庫証明とは自動車を保管する場所を証明する書類です。
自動車の登録、名義変更時に必要な書類です。

 

一般的には自動車屋さんや代書屋さんが代行を依頼できるのですが、
費用は一般的に15,000〜20,000円程度かかります。

 

申請が平日だけなので、お仕事をされている方はお休みを取らないといけませんが、ご自身でされれば3,000円前後の手数料だけで済みます。

車庫証明の取り方

申請書類の入手方法

 

最寄りの警察署の車庫証明手続きの窓口行けばもらえます。
申請書類をもらうだけなら、本人でなくても大丈夫です。
ご家族にお願いすることも出来ます。

 

申請書は無料です。
書き損じも考慮して予備ももらっておいて下さい。

 

駐車場が賃貸の場合は大家さんが申請書類を持っている場合もあります。
たずねてみるのも良いでしょう。

 

申請書の書き方

 

申請書に記載する内容:

 

郵便番号住所氏名氏名のフリガナ電話番号
日付は申請日になります。申請日当日まで空けておきましょう。

 

複写になっている場合は全ての書類に押印します。
印鑑は認印で大丈夫です。

 

車名は車種名ではなくメーカー名を記載します。

トヨタ、ホンダとカタカナで書きます。輸入車の場合もカタカナです。

 

型式車体番号は注文書(又は契約書)で確認して下さい。
中古車の場合は車検証でも確認出来ます。

 

自動車の大きさ
新車であればメーカーのWebサイトかカタログで確認出来ます。
同じ車種でもグレードで異なる場合があります。型式を確認するのを忘れずに!
単位にもご注意下さい。申請書はcmで記載する必要があります。1センチ以下は切り捨てです。

 

自動車の使用本拠の位置
車の使用者の住所です。住民票の通りに記載する必要があります。

 

自動車の保管場所の位置
自動車の保管場所の住所です。
一軒家なら、上の「自動車の使用本拠の位置」と同じです。
*同上と書くと申請を拒まれる例があります。略さずに記載して下さい。
駐車場を借りている場合は駐車場の住所です。

 

保管場所標章番号自動車登録番号
記載の必要はありません。

 

提出者・連絡先
提出される方の連絡先です。
ご自身で行かれる場合はご自身の住所氏名です。

 

所在図記載欄
地域の道路地図をコピーし、該当場所に赤で印をつけます。
所定の場所に貼付ければOKです。

 

配置図記載欄
ご自宅の場合は道路からの略図を書いておきましょう。
第三者が理解出来るものであることが大切です。

 

駐車場を借りている場合は、駐車スペースの番号や図が必要です。
大家さんが図を持っている場合があります。

 

申請と受取

最寄りの警察署の車庫証明窓口に提出します。
申請には申請書と自動車を使用する場所を確認する書類が必要です。

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書(写し)
  • 消印がある郵便物、住所の記載がある公共料金の領収書など

手数料は証紙(3000円前後)で納めます。

 

申請時から書類が出来上がるまでに4日〜1週間程度必要です。
申請時「書類が出来る日」を確認しておきましょう。
受取には認め印が必要です。

 

申請や受取は本人以外がする場合は家族であっても委任状が必要になります。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車の買取 名義変更の必要書類とは?
自動車を手放す時の名義変更に必要書類について説明しています。
自動車の名義変更が変わると自動車税は戻って来ますか?
自動車を手放す時の名義変更手続きと自動車税の扱いについて説明しています。
自動車の名義変更になぜ印鑑証明書が必要?
自動車を手放す時に必要な印鑑証明について説明しています。