自動車ローンの所有権留保とは?

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

所有権留保とは?

自動車ローンの所有権留保とは?

ローンの担保として、自動車の所有権が信販会社となることです。

 

所有権留保
売主が売買代金を担保するため、代金が完済されるまで引渡しの終えた目的物の所有権を留保するもの。

 

具体的には「ローン(分割払い)で購入した自動車の車検証の所有者欄があなたではなく信販会社になっている状態」です。

 

自動車は財産として扱われるため、所有権者の同意なく売却や名義変更ができません
つまり、ローンを払い終わるまで購入した自動車が担保となっているのです。

 

ローンを完済すると自動車の所有権をあなたに移すことができます。
支払い終わったら自動的に所有権があなたに移るわけではなく、届け出をして車検証の書き換えが必要です。

 

車検証を書き換え所有権を信販会社からあなたに移すことを「所有権留保解除」と言います。

 

自動車ローンを完済したら、速やかに車検証の所有者欄をあなたの名義に書き換えるのが理想です。
しかし、手続きの手間や車検証の書き換え費用が発生します。

 

そのため実際には「完済証明書」を保管しておき自動車を買い替える時か売却する時に手続きするのが一般的です。
完済証明書は大切な書類ですのでしっかり保管しておいてください。

 

参考記事:事故車の買取 自動車ローンが残っている車の売り方

長く乗るつもりなら、速やかに「所有権留保解除」を

次の車検で乗り換える、モデルチェンジしたら乗り換えるなど車の買い替えスケジュールが決まっている場合はそう焦る必要はありませんが、長く乗るつもりなら、速やかに「所有権留保解除」をすることをお勧めします。

 

車検証の書き換えは「完済証明」だけではできません。所有権者の実印入り委任状印鑑証明が必要になります。

 

長期間自動車を使用し、いざ乗り換えよう、廃車手続きをしようと思ったら、信販会社が倒産などで無くなっていて連絡がつかないというトラブルが予想されます。

 

そうなるとご自身の所有権を証明するために裁判所への申し立てなど面倒な手続きが発生します。

 

乗り換える予定がない、気に入っているので廃車まで乗るという場合は速やかに所有権留保解除の手続きをしておきましょう。

 

所有権者の印鑑証明は発行から3ヶ月以内のものでないと有効ではありませんので、前もってもらっておくという方法が使えません。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車の買取 車のローンが残っている場合でも買い取ってもらえますか?
自動車ローンが完済されていない、支払い中でローンが残っている車を中古車買取業者に査定依頼する場合の注意点を説明しています。
事故車の買取 残債ローン フォロークレジットとは?
自動車ローンの残高が残っている車を売却する場合はローン残を清算しなければなりません。そのためのローンを残債ローン、またはフォロークレジットと呼びます。残債ローン、フォロークレジットについて説明しています。
事故車の買取 残価設定ローンで購入している場合
残価設定ローンで購入した車が事故にあった場合。車の価値が下がり予定している金額では引き取ってもらえない事が予想されます。残価設定ローンを利用途中で事故をしてしまった、買い替えが必要な事情が出来た場合の対処方法を説明しています。
自動車ローンを払い終わっている場合