自動車ローンを払い終わっている場合 | 事故車の買取

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

自動車ローンを払い終わっている場合

完済証明を大切に保管しておきましょう

 

自動車をローンで購入した場合、自動車そのものが担保となるため、車検証の所有者がクレジット会社やローン会社になります。
これを所有権留保と言います。

 

支払が終われば、ローン会社から完済証明が届きます。
これは大切な書類なので大切に保管してください。
出来れば車検証とは別に保管することをお勧めします。

 

本来であれば支払完了時に車検証の所有者欄を書き換えるべきなのですが、手続きや手数料が必要なためそのまま乗り続ける人が大半です。

 

完済証明さえ保管していれば、実用上不都合はありません。
自動車の売却で名義変更が必要になった場合は完済証明を車検証と一緒に渡せば、ディーラーや買取業者さんで手続きをしてもらえます。

 

完済証明を紛失した場合

 

完済証明書を紛失してしまった場合は、ローン会社に連絡をとり再発行をしてもらうか、車検証の所有者名義を変更するため委任状を発行してもらい車検証を書き換える必要があります。

 

本来、車検証の所有者欄の変更は所有者が行うものですが、代理で行うための委任状が必要になります。

 

完済証明書は大切です
ローン完済後、期間が経過してから売却する場合、稀ですが、クレジット会社が倒産して無くなっている、合併などで新しい会社になっているなど完済証明の再発行がスムースにいかない場合もあります。完済証明は自動車ローンの終了を意味するだけでなく、所有権が自身にあることの証明でもあります。言い換えると自動車代金の領収書のようなものです。
大切に保管しておいてください。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車の買取 車のローンが残っている場合でも買い取ってもらえますか?
自動車ローンが完済されていない、支払い中でローンが残っている車を中古車買取業者に査定依頼する場合の注意点を説明しています。
事故車の買取 残債ローン フォロークレジットとは?
自動車ローンの残高が残っている車を売却する場合はローン残を清算しなければなりません。そのためのローンを残債ローン、またはフォロークレジットと呼びます。残債ローン、フォロークレジットについて説明しています。
自動車ローンの所有権留保とは?
自動車ローンで担保のために車検証の所有者が信販会社や自動車会社になることを所有権留保と言います。所有権留保について説明しています。
事故車の買取 残価設定ローンで購入している場合
残価設定ローンで購入した車が事故にあった場合。車の価値が下がり予定している金額では引き取ってもらえない事が予想されます。残価設定ローンを利用途中で事故をしてしまった、買い替えが必要な事情が出来た場合の対処方法を説明しています。