事故車の買取 なぜディーラー下取りは安いのか?

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

なぜディーラーの下取り査定は安いのか?

なぜディーラーの下取り査定は安いのか?

下取りというのは、そもそも乗らなくなった車を引きとってもらう事を意味します。
そのため、下取り価格というのは低い査定しかつかないのです。

 

下取りの定義

下取りという言葉の本来の意味は

 

「新品の代金の一部として割り引くことを目的とし、売り手が買い手から使わなくなったものを引き取る事」

 

です。

つまり下取りというのは、新しく車を買う時に「今までの車を処分してお金に換えて下さい」とあなたからお願いして買い取ってもらっているのです。

 

下取りのメリット、デメリット

  • 新しい車が届くまで今の自動車を使い続ける事が出来る。
  • 保険などの付け替えも同じお店を願い出来るので安心で確実。
  • ナビやETCなどの乗せ換えも頼みやすい。

と同じお店で古い車を新しい車を入れ替えるのでメリットはたくさんあります。

 

反面デメリットもあります。
下取り価格が安いという事です。

 

新車を購入するときは、複数のディーラーをまわって、条件を比較し価格交渉をしますね?
実は車を売る時にも同じ事が出来るのです。複数の業者さんに車を査定してもらうことで競合が起きより高い価格で自動車を手放す事が出来ます。

 

次の車を購入するお店に下取りに出してしまうと値段を比較する競合相手もいませんし、車屋さんが主導権を握ります。
また、新車ディーラーは売るのが仕事です。中古車を買取のは本業ではありません。
下取りされた車はそのディーラー系列の中古車買取店に売られて行きます。
もちろんディーラーの中間マージンが発生します。そのため下取り車の値段が安くなるのは当然です。

 

ディーラーの査定は何故安いのか?

 

下取りには手数料が差し引かれている場合も!

 

ディーラーで下取りをしてもらうと「下取り査定料」「下取り手数料」といった手数料が5千円〜2万円程度請求される場合もあります。
しかもこの費用は次に購入する車に上乗せされますので気が付かずに請求されていることが多いのです。

 

「下取り査定料」「下取り手数料」は新車ディーラーだけでなく大手中古車店でも見積もり書に乗ってくる事があります。
*買取では一般的にこういった費用は発生しません。交渉すると値引き、手数料無しとしてもらえる事も多い費用です。

 

次の車を契約する前に買取査定

下取り査定を受ける前でも、受けた後でも構いません。
次の車を契約する前に、買取査定を受ける事をお勧めします。

 

下取りと買取の差額は数万〜十数万と大きな金額になることが珍しくありません。
今の車が高く売れるということはその分値引きが増えるのと同じ意味です。

 

買取査定、下取り査定全てを比較して、もっとも高く買ってくれる相手に売却するのが賢い乗り換えテクニックです。

 

関連記事:事故車は下取りより買取が高く売れる!

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

ディーラーの下取り額は現金で受け取り、新しい車は全額ローンって可能?
新車ディーラーで下取り額を次の車の費用に充てず現金化する事は可能? 不可能ではありませんが、簡単ではありません。その理由を説明しています。
事故車の買取 下取キャンペーンに気を付ける理由は?
「どんな車でも5万円で引き取ります」という下取りキャンペーンのメリットとデメリットを説明しています。
下取り0円、ただ同然で買取った車が中古車として売られているって本当?
値段がつきませんと下取りゼロ円で買い取れた車がそのお店の中古車として並ぶ事があります。この仕組みを説明しています。
事故車の買取 査定後の減額、キャンセルされることってある?
自動車の買取査定後、売買契約を結んだ後に減額やキャンセルを言われた場合はどうすればいいのでしょうか?正しい対処方法とそういうことにならないための査定の受け方をご紹介しています。
下取に出すつもりで新車を購入、契約後に買取に変更は可能?
新車契約後、下取りをキャンセルし買取に変更は可能か?手順を追って説明します。