事故車と個人売買

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

自動車の個人売買とは?

自動車の個人売買とは?

ディーラーや中古車店などを通さずに個人間で自動車を売買することです。

 

個人売買とは業者を通さず、車を売りたい人と車を買いたい人の間で売買をする方法です。
自動車は個人間で売買が可能です。

 

インターネットのネットオークションも基本的には個人売買に含まれます。

 

個人売買のメリットデメリット

 

個人売買のメリットは中間マージンが発生しませんので、
売りたい人はより高く、買いたい人はより安く買う事が可能です。

 

デメリット
海外では新聞広告や個人売買を斡旋するサイトが広く普及しています。
しかし日本では個人売買が一般的ではなく、売買相手を探すのが大変難しいのが現状です。

 

日本での自動車の個人売買は親族、友人など顔見知りの間柄で車の譲渡が行わているのが現状でしょう。

 

自動車の売買には、車庫証明、車検証の名義変更、税金や自賠責保険、リサイクル料の納付と手続きが多くあります。
それを個人間で処理する必要があります。

 

基本的には売る方が手続きをする必要があります。
何故ならば、手続きが完了するまで法律上の車の所有者は前オーナーになります。
いくら自分がもう乗っていないとはいえ、事故や違反が合った場合に何らかの責任を問われる可能性が発生するためです。

 

保証の問題
個人売買では「現状渡し」が原則です。
購入後のトラブルは一切責任を負いません。

事故車と個人売買

困った

 

個人売買のメリットに「売りたい人はより高く」と説明しましたが、
事故歴のある車や修復歴のある車などマイナス要因のある車の場合は買手そのものを見つける事が難しいと言えます。
幸運にも買手が見つかったとしても、手続きやお金のやりとりなどトラブルになる要因も多く残ります。

 

現実には買取業者さんに依頼した方が確実に現金になる可能性が高いと言えます。

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車の買取 ネットオークションとは?
自動車のネットオークション売買について説明しています。多走車、低年式車の場合の注意点についても触れています。
事故車の買取 オークション代行業者とは?
自動車のオークション代行業者、オークション代行業者を利用するメリット・デメリットについて説明しています。