自動車保険が支払われるからと言って必ずしも修理しなくても良い

ディーラーで査定0円と言われた愛車が....

廃車にするのは、コレを試してから!
管理人の10年、14万キロ超、事故歴アリの愛車でも現金化した方法です。

無料で簡単超スピード査定

自動車保険が支払われるからと言って必ずしも修理しなくても良い

自動車保険で修理しない選択

 

事故で車がダメージを受けた場合、自動車保険から修理代が支払われるケースが多くあります。
しかし自動車保険が支払われるからといって必ずしも修理しなければいけない訳ではありません

 

修理はしないでそのまま、自動車を売却しても、自動車保険からお金は支払われます。

 

自動車保険から支払われるのは、修理代ではありません。
事故が要因によって発生した損害の補償として支払われるのです。
損害として認定される基準が修理代(または車の時価額の安い方)というだけです。

 

損害額の決定は保険会社と修理工場による話し合いで決まります。
これを修理協定といいます。

 

損害額が確定した後、「保険金」は修理を行ったディーラーや修理工場に直接支払われるのが一般的です。
これは契約者が改めて修理代金を修理工場などに振り込む手間を省くためです。

 

修理するならそれでいいのですが、違うメーカーや他の販売店で買い替える場合は困りますね。
「保険金」をご自身の口座を指定して振り込みしてもらうっても何の問題もありません。

 

保険金を現金で受け取ることは不正でもなんでもありません。

 

まれに「修理しないと支払えない」という代理店や担当者もいるようですが、その担当者の勉強不足です。
損害に対して保険金を受け取る事は当然の権利です。
損害が発生しているのに保険金を支払わないと保険会社が契約違反になります。

 

自動車保険で修理しない選択

 

保険金の受け取り方

過失割合がなく相手の対物補償から修理代が支払われる場合

あなたに過失がない(追突されたなど)場合は保険金は相手側の保険からのみ支払われます。
相手の保険会社に「保険金」を修理工場ではなくご自身の銀行口座に振り込む旨を連絡して下さい。
これで保険代はあなたの銀行口座に振り込まれます。

 

過失割合があり、相手の対物保険とご自身の車両保険を使われる場合

損害額が100万円。過失割合を相手:8、あなた:2だとします。
保険金は両方の保険会社から支払われます。

 

相手の対物保険から80万円、あなたの車両保険から20万円が補償されます。
両方の損保会社に修理工場ではなくご自身の銀行口座に振り込む旨を依頼して下さい。

 

車両保険を使われる場合の注意点

あなたの自動車保険から支払われる車両保険には上限があります。(設定している車両保険金額)
また、車両保険を使う事で等級が下がり、翌年以降の保険料が上がる場合があります。
相手への補償で保険を使っている場合は等級ダウンは避けられませんので車両保険を使う方が良いでしょう。

 

修理しない場合のデメリット

修理せずに損害額をご自身の銀行口座へ振り込んでもらう場合は以下の費用は差し引かれる事があります。

  • 修理に係る消費税
  • 損害額確定に係る経費(見積費用など)

 

全損の場合

全損とは?

自動車保険では下記の場合を「全損」として扱います。

  • 自動車が修理不可能なまでに損害を受けてしまった。
  • 自動車の修理費用が車両保険で設定した金額以上になってしまった。
  • 自動車が盗難被害にあい、発見できない。

 

全損扱いになった場合は、基本的に保険会社が車を買取、保険金額がその対価として支払われます。
この場合、所有権が保険会社に移るため、あなたが車を売る事は出来ません。

 

上記の場合以外にも、修理額が自動車の年式や走行距離などを考慮した中古車の相場価格を修理金額が上回る場合も全損扱いとなります。
この場合は修理費用ではなく、市場価格が損害価格となります。

 

経済的全損

 

修理するより同程度の中古車を買う方が安いという判断です。
これを経済的全損と言います。

 

保険会社によっては、実際には引き取らず処分を任せてもらえる場合もあります。
その場合は保険金を受け取って、自動車を買取に出す事が可能です。

 

全損時、買替時の諸費用は?

自動車が全損になり、買替をする場合、車両代金だけでなく諸費用も必要になります。
これを買替時諸費用、または買替差額費と言います。

 

自身の車両保険で買い替える場合

一般的に車両保険から支払われるのは車両保険で設定している保険金額が上限となります。
諸費用分は考慮されていません。
自動車保険の「買替時諸費用特約」などの特約に入っていると補償される場合もあります。

 

相手の対物保険から支払われる場合

相手の対物保険から保険金が支払われる場合は、乗り換えのための諸費用も請求可能です。

 

相手の対物保険から買替諸費用の補償を受けるには、諸費用が入った見積書など明確な金額が入った見積書が必要です。
保険会社が補償するのは損害ですので、具体的な金額で損害額を証明する必要があるのです。

修理か買換えか迷ったらまず買取査定

事故で傷ついた愛車を修理して乗り続けるか、買換えるかは本当に迷うと思います。
ダメージの大きな事故だと修理しても完全に元通りになるとは限りません。
お車への愛着もあるでしょう、また買換えとなるとやはり出費も大きくなります。

 

修理か買換えか迷ったらまず買取査定を受けてみましょう。
いくらで売れるのかを知っておく事で正しい選択が可能です。

 

保険から支払われた修理費用+修理せずに車を買取に出した査定額=あなたの車の価値

 

修理にいくらかかるか、保険金がいくらなのかは解っても、
車がいくらで売れるかは査定を受けてみなければ解りません。

 

査定はもちろん、無料ですし、概算金額ならわずか32秒で解ります。

 

買取査定を受けたからといって、絶対売らなければならない訳ではありません!
買取額を見てから修理して愛車を乗り続けるか売却して買い替えるかを選択することが出来るのです。

 

わずか32秒で、おおよその査定額が解ります!

 

⇒ 簡単!無料スピード査定はこちら!

下取りより平均で17万円得するというデータが!

入力わずか32秒 最大10社に査定依頼が可能!
他社で買取を断られた車でもOK!

無料で簡単超スピード査定

関連ページ

事故車は下取りより買取が高く売れる!
自動車を手放す時、下取りと買取の二つの方法があります。下取りと買取の違い、メリットやデメリット、また事故歴がある車を損をせずに売る方法をご紹介しています。
事故車は中古車業者にとって美味しい商品
事故車なんて誰も欲しがらないし価値がない。そう思って愛車をタダ同然で手放す人が少なくありません。中古車業者にとって事故車も美味しい商品なのです。その理由をご説明しています。
事故車はなぜ安く買い叩かれる?
事故車はディーラーや中古車店に下取りに出すと本来の価値より低い査定を受ける事が珍しくありません。あきらめるのはちょっと待ってください。事故車でも正しい価値で売る方法があります。
事故車を欲しがる人と事故車がお金になる理由
「事故車なんて誰も欲しくない」確かに自分が車を買うときはそう思います。しかし事故車を欲しかがる人がいて、事故車がお金になる理由があるのです。
その車、事故車じゃないかも 事故車の定義、修復車とは?
「車をぶつけた」イコール「事故車」というわけではありません。中古車査定で減額になるのは事故車ではなく「修復歴」がある車です。修復歴やその基準について説明してます。
事故車の買取 修理してから売ると損をする。その理由とは?
車の壊れているところは修理してからでないと売れない…そんな風に考える人が多いのですが、実際には直して売ると損をします。その理由をご説明します。
車検切れの車はそのまま買取査定がオススメの理由
車検残が短い場合、車検切している場合…車検を通してから売った方が高く売れると思いがちですが、それは逆です。そのまま買取査定がオススメです。その理由をお話します。
事故車の買取 自動車ローンが残っている車の売り方
事故で車を手放す時、ローンが残っていると廃車や名義変更が出来ない場合があります。ローン残がある場合の車の売り方をご紹介します。